まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 産んではいけない!

<<   作成日時 : 2005/06/19 06:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

産んではいけない!

この本ね、「子供を持つと、ぶっちゃけこういうことが起こりうるんだよ? それでも、産む?」
って話が綴られています。

実際新米ママとして子育て真っ最中のワタクシ。
読んでて、自分が不満に思うことのツボが、結構書いてあるんだなぁ〜。

「そうそう、まさにそうなのよね! 私だとうまく言葉にできないけど、よく言ってくれたわ!」

筆者の両手握り締めてブンブン握手したい位同感!
だからといって、子供がいない生活なんて考えられないから、
なんてゆーのかな、育児友達と吐きあう愚痴みたいなもんだね。
日ごろ溜まってるものを目の前に晒して、

「そうなのよね、だから大変なのよ子持ち主婦はさ」
「そうそううちの亭主もさ」
「そういえば、優先席ってさ、妊婦の時譲ってもらった?」
「半々かな、大体50台位のサラリーマン風おやじは譲らないよ」
「そうそうそう! いえてるー」

こうやって話してる感覚で読める。
おかげさまで現状は変わらないけど、ひじょーにストレス発散にはなりました。
私だけじゃない、みーんなそう思ってるってね。

こういう本ってさ、男の人にも是非読んでほしいんだよね。
解決策が書いてないじゃないかって言われるかもしれないけど、
そんなもん自分で考えれば?って感じよ?

この本は、全部が全部あてはまるとは言わないけど、私ら子持ち主婦達の置かれてる現状を
「こういうこともありますよ」として書き出してる。
読んだからといって突然社会の何かが変わるわけではないと思うけど、
読んだ一人一人がさ、
「ああ、大変なんだな…」って意識を、心のどっかにチョイとでも置いてくれればさ、
自分のアンテナの受信範囲が大分広がると思うんだよね。
つまり、困っている人に気づきやすくなるってこと。
気づいて行動するかどうかは、個人に掛かってくるとおもうけど。

こうやって身近なとこから少しずつ広がってく善意の輪が、
やがては社会を変えていく力になるんだと思う。

と、ゆーことで。
段々文面が固くなってしまったが (^^ゞ
ま、そこまで考えなくても、子持ち主婦の皆様なら
スラスラ〜っと読めてストレス解消にはなりますよ。

妊婦の人は、心構えとして読むと良いかなぁ。ただ、あんまり気にしすぎちゃイカンよ。
産後、辛いなぁ…もしかして「産後鬱かしら」と感じたとき、
全国にいるママも同じよ、みんな一緒よ〜というエールをもらうために、
この本を紐解くと良いと思いますよ(^^)ゝ



もし良かったら、ポチと一発、
押してやってください。
   ↓ ↓ ↓
■日記ランキング■


産んではいけない! (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
産んではいけない! まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる