まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS わが実母のお姑度

<<   作成日時 : 2005/07/14 08:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の実家と今私達が住んでいる団地は、徒歩15分自転車5分程度の近さにある。
いわゆるスープの・・・ちょっと冷めるかな?程度の距離なので、とても理想的といえばそう。
ちなみにだんなの親(義母と義父)は仙台に住んでいるので、新幹線+在来線で3時間程度の距離。
スープ冷めちゃったんでー(もしくは冷凍してきたんでー)、一度レンジでチンしてくださいねーな距離に住んでます (^^ゞ


私が子育て関係で困ったときはもちろんのこと、日々さまざまなことでフォローしてもらってるのですが、
これがまた、世間一般でいうお姑さん(しかも、嫁バーサス姑的な姑)度、かなり高いんですよね。


日々の育児のことで、
「あんたちょっとこれ、気をつけなさいよ」というのは、これはもうどこの家庭でも言われるようなことだと思いますが、

「このねえ、家具? これもーちょっとこっちに寄せて、ここを広くとって、マナトがもっとよく動けるようにしたらどう?」

という、家具の設置に関する注意から

「ちょっと、ゴミ、落ちてたわよ。ちゃんと掃除したの?」
「したよーさっき、したばっかりだってば」
「これで?」

という、敷居の上を指でツーっ、あらあらゴミが残ってるわよ○○さん、どこ掃除してらっしゃるの?的な基本的な台詞まで、完璧に再現してくれます(苦笑)

私が実の娘で、実の母親から言われていることだから、まあなんとか、「はいはいはい」って笑って済ませられますけど、
これで私が男、しかも一人息子だったら……と思うとちょっと怖い(苦笑)

そんな母親の姑度は、果てしなくマックスなんじゃないかなーと思います。
悪気がないのはよっく分かるんですが、言ってることがさっきと逆だよーおかーさん。とか
一日中マナトみてる私からすると、もうそんな細かいことはどーでもいいやね、好きにさせてや…。と言いたくなるような細かいことまで采配がくるので、
こーゆーとこは、だんなの母(本当にお姑さん)を見習って欲しいとさえ思ったりすることもしばし(苦笑)

だんなの母とは、住んでいる場所が遠いということもあるけれど、けっこう淡白なお付き合いをしているので、


お中元、お歳暮は虚礼廃止で不要
時々の往来に際してのお土産も不要
家族の間の行事に関することも、お祝いだのは特には不要
(マナト誕生の際にはお父さんが個人的にお祝い持ってきてくれましたよ)
という徹底振りなので、逆に子供誕生祝いのお祝い返ししたら、「今度からこういうのはいらないから」と注意される位なんですよ。


そこまで徹底しなくても、うちの親も、ちょっと見習うところがあるんじゃないかなーなんて、時々思っちゃいます(苦笑)
や、いつもいつもすっごい手伝いしてくれて、私も気兼ねなく甘えられて、他の孤軍奮闘してるママさん達と比べたら、本当に恵まれているとは思うのですが、
私が子供の時よりも孫のことになると、より一層口出しが激しい気がしますよ(苦笑)


世のお姑さんで、嫁憎しで嫌ってる人は別として、逆に自分なりの親切心の押し売りでもって嫁に嫌われている人も、実は結構いるんじゃないかな〜と、
こんなうちの母親の姿を見て思った次第です。




もし良かったら、ポチと一発、
押してやってください。

■日記ランキング■



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わが実母のお姑度 まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる