まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS こめつぶ事件で怒り心頭の上、えっ……スッポンと幸せの青い鳥!?

<<   作成日時 : 2005/07/02 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は「パパとふれあいデー」(笑)
いわゆる、お休みの日くらい、子供とディープに接して、母親に楽させてくださいよ、とプレッシャーを掛ける日でもあります(笑)

平日は私一人が起きるところを、「ふふん、今日は土日休日でい!」とたたき起こし、
給水、行水、ミルクに着替え、一通り終わったところで。さて……6時もまわりました。
昨夜、今日の朝ご飯用にとっておこうと思った「マーボーナス」は、一人で綺麗に食べ尽くしてしまっているし…さて、今日の朝はどうしようかねえ…と、ちょっと困っちゃいました。

冷食でも良いんだけど、うーん……。

朝…朝ごはん、作るのも面倒だから冷食?? うーん朝……朝・・・
そうだ、朝マックにしよう!


今朝の朝食は朝マックに決定したのでした。

自宅から歩いて20〜30分程度のところにマクドナルドがあるのです。
以前も子供連れて一回入ったことがあります。
大体朝10時30分前にマックに入るのなんて、多くて年に一回。せいぜいイベントの時位です。
久しぶりにハッシュポテトも食べたいしねぇ…。


ネットで調べる……開店はあさ6時30分から…とな?。
よっしゃ全然余裕じゃ。


洗濯やら片付けやら化粧やら、ばたばたと済ませ。
出かけたからにはお散歩もついでに済ませてしまいたいし、とマナトグッズも準備。
うっし!
じゃでかけようねー。と時計を見たらば7時を回っておりました。
うじゃうじゃ時間食ってしまい、結構ダンナを待たせてしまった、ごめんよ〜 (^^ゞ

さて出かけようという段になり、
「あ、今日は古新聞古雑誌の回収の日だよ。ごめん、ちょっと新聞出しちゃって良いかな?」
「お好きにどうぞ」
「すぐ行ってくる」

ダッシュで4階までかけのぼり、ばたばた新聞を準備。
焦って集積場に出して、ホっと一息……ってあれ?? ダンナとマナトはどこに?


ああ、ちょっと先で待ってるね、なにもゴミの場所で待ってることもないしね。

そう思って後を追おうと広い道路に出ましたよ。


………(゚д゚)


ダンナと、マナトを乗せたベビーカーははるか彼方、500メートルは先にポツンと小さく黒い点になってる…。

まじですか?

いくら先に行くといってもこれではあんまり……。

自分、ちょっと待たせてしまってゴメンよ。という気持ちもあったので焦って降りてきたのに、
しかも家の仕事しててこれはヒドイよ。

でも、朝マックは捨てがたい

仕方なく、運動不足の老体に鞭を打って走りましたよ。ええ、50メートル位で息切れしちゃいましたけど(苦笑)

「おーい、●●くーん!まってよー!、ちょっと待ってー!!」


聞こえないみたいです。

「ちっ、冗談じゃないよまったく! 待っててくれたって良いじゃん! 家の仕事で遅くなったんだからさ!」
マジでプち切れ捨て台詞を吐いてみたり。
でもそれで気がつくわけでなし、どんどん先に離れていく米粒の背中。

しかたないな…(ーー;)

またしてもダッシュダッシュダッシュ!!
ぐおーーーーっと、デブの私が巨体揺らしてドスドス走りましたよええ。

今度は振り返って気づいてくれました。

あ、待ってくれるんだ、でも、まじちょっとムカついたから、なんか言ってやろう!

そう心に決めて、待っててくれる(ハズの)ダンナの側まで一気に……って、
え!? 何で小走りに走って逃げるわけ???


そう、ヤツは面白がって、汗かいて後を追ってきた私を更に突き放すべく、先を急いだんですね。




………………ぶち


ああそうかよ


待たせてしまって申し訳ない、という気持ちで、ちょっと負い目を感じていた分、
必死こいて後を追ってきたところを遊び半分で逃げられた(怒)はでかかったですよ。

ばっかやろう、そんなんだったら「朝マック」なんかしなくて良し! この場で回れ右して帰ってやる!
一人でマナト抱えて食ってこいよ!



言葉遣いが荒くて申し訳ないですが、ほんと、まさにこの口調、この気持ちで、本当に口惜しくなってしまったのです。
でもね、うちのダンナ、それでも一人で食べてくるだろうなーとは、心のどこかで思いましたし、
冷静な自分が、「やっぱ朝マック食べたいジャン」って思ってもいましたので、
急ぐことはないな、でもいずれ追いつかないと…と、ゆっくりながら後を追うことにしたのです。

でも、歩いても歩いても、全然黒い米粒は大きくならない。

待つって気持ちはさらさらないんだなー

そう思ったら、なんかやりきれなくなっちゃって、ケータイに罵声の留守番電話サービス(苦笑)

バス停を2つ歩いたところで、信号機のところで止っている姿が段々大きくなってきました。
片手にケータイが…。

ああ、聞いたんだ、それで止った?
あれ聞いて更にふざけて先に行ったら、ばかやろうだな。

自分のケータイ鳴ってるだろうけど、どうせもう目の前になったし…と電話は取らず、
信号が青になったところで

つかつかつかつか………

バッチン!!(勢い良く両手でほっぺ挟み込み!)

「待っててくれても良いでしょ! それに人が必死で追いかけてるのに途中走ったでしょ!」

面白がってたってのはどうやらあたりだったようで、ちょっとずつ先に行ってようかと思って…ということで、待っててはくれなかったらしい。

ちょっとずつ??
私も急いで降りてきたのに、気づいたら米粒になってたのがちょっとずつかいね。


ま、その後すったもんだといろいろ言い合いがありましてね。
うざいから、細いのは省略します。
やーほんと、ちょっと、静かにですけど言い合いしました。うーん、私が一方的に感情的になってたフシもやや・ありますが。
でも、変なことは言ったつもりないです。
多分、家事やって育児やってる奥様なら、きっとわかってくれると思う。


「やれること(家事)はできる時にやっておかないと、後で苦労するのは自分」
「自分の予定は計画段階でつぶれてしまうことが多いのに、どーしてダンナの予定は優先になるの?」


そんな気持ち。

これが自分の気持ちの中にあってね、その上に

「家事があるから出かける準備が遅くなるんだけど、それでも待たせてるのは悪いよな…」

という罪悪感と、それに相反する

「もう少し気がついて手伝ってくれたら、私の準備も早くに終わるのに」

という気持ちもありーので、なんかもうドロドロしたのを出かける前に抱えてたわけですよ。
なのにそんなとこ持ってきて、すたすた米粒……でしょう。
不満が止まらなくなってしまったのですわね。


「●●くんのおごりね、今日の朝食!決まりね!」
「ええーっ」
「あたりまえでしょ!」


すったもんだの挙句に、「朝マック」をおごってもらうことで、なんとか、落としたのでした。

やっぱね、食べたかったんですよ私も「朝マック」さ(苦笑)
怒ってマクドナルドの手前まで来て、「帰るからね」って強引に回れ右させても良かったんだろうけど、
それでもね食べたかったんですよ^_^;つくづく凡人です(ーー;)


朝ご飯を済ませてから…なんでしょ、お腹にものが入ったせーなのか、随分機嫌が上昇しまして、
なんか楽しいお散歩みたいになってきました。

ええ、もともと、「米粒事件」が起きなければ、最初から楽しいお散歩気分で過ごせたわけで、30分イヤ〜な気分になった分、ちょっと損しちゃったよなってなもんです。

ただ自宅に戻るのも勿体無いので、それじゃちょっと、近場の川沿いの道でも歩くか?ということになり、境川という、神奈川と東京を分ける川沿いにある、サイクリングロードを歩くことにしたんですね。
土曜日の、まだ朝9時前ということもあり人もまばらでしかもさほど暑くない。
本当に良いウォーキング日よりで、時々川の中(どぶ川ですが)をのぞいてみたりして、「なんかいるかね…」なんてね。







って、うお〜っ!スッポンがいる!!




甲羅の直径30センチ程度の大物ですよ!
あんなのにかまれたら、指2本は軽くいっちゃうよ! うわースッポンだよスッポン!

やーもうホントびっくりです。
亀の見間違えじゃないですよ、スッポン! だって、口がきゅっとすぼまって、尖がってたもん!
にゅーって首が伸びたもん。


「やーびっくりだねぇ、こんなところに、スッポンなんているんだねぇ」
「だねぇ…でかいねぇ…」


「米粒事件」はこれで完全にすっ飛びました〜 (^^ゞ

その後、ここを歩いてる間に2−3回は、このスッポンと再会。
その都度川を覗き込んで「やっぱデカイよね…(あれ取って食べたら旨いのかな)」なんて話しつつ




その時目の前に水色の閃光が!!





おおおうっ(゚д゚)!!





や、今回驚いてばっかりですが (^^ゞ
川にそって、ツイ〜っツイ〜っと弧を描くように飛ぶ、光り輝く水色の小さな物体が、目の前を通り過ぎたんですよ。
まさに一瞬のきらめきって感じ。


「わっ、なにあれ!?」
「えっ、かわせみ??」
「かなぁ?」
「しあわせの青い鳥だったりして」
「って逃げられた〜^^;」

なんの鳥だかは不明でしたが、とにかくなにか、いつも見かける茶色やら黒やらの鳥とは別格の、光り輝く鳥が目の前を通り過ぎたのは事実。

「あ、アノ辺に止ったかな」
「どうだろう」

そんなこんなで200m位離れた、その鳥がいたと思しきところまで歩いてみたんですが、
途中スッポンとの再会なんかで時間を食ってしまったため、当然ながらそんなとこには居ませんて(苦笑)


「やっぱりねぇ…」
「ま、いっかー」
「でも綺麗だったねぇ」


そんなことを言いながら、「ああ、鯉が泳いでいるねぇ」なんて、またしてもじじばば臭い会話を交わしつつ歩いていると、



今度は逆方向から、閃光だ〜!!!



「おわっ!! また来たー!」)!!




ツイ〜っツイ〜っと優雅に飛び去っていってしまいました。

・・・・これって、幸せの青い鳥は、見えるだけで掴むことはできず、飛び去ってしまうという暗示でしょーか・・・





ちょっとイヤ〜な想像が浮かんでしまいましたが、なんにせよ、また姿を見ることができたのは僥倖です。
珍しいものを2度も見ることが出来たんですからね。



その後、ちょい買い物をして帰宅したのですが、帰宅後に「瑠璃色、鳥、川沿い」でググってみましたら、「ルリビタキ」という名の鳥がヒットしました。(ペンション あるびおんさんのサイトより)

こんな綺麗な鳥が、身近なところで…しかもドブ川と言っても過言ではない境川で見つかるとは…。
出掛けのイライラは完全にすっ飛んで、「なんか良い日だね」なんて、現金なもんですね(苦笑)

もし良かったら、ポチと一発、
押してやってください。

■日記ランキング■





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こめつぶ事件で怒り心頭の上、えっ……スッポンと幸せの青い鳥!? まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる