まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 妊娠製糖尿病(疑い)の経過観察がやーっと終わったー

<<   作成日時 : 2005/08/19 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私、妊娠後期からなーぜーか、妊娠製糖尿病の疑いが出まして、例の検尿で「+4」が出たってあれね。
それ以降、やれ食事制限だ、やれ6回食だ、やれ内分泌の検査だ、と1月6日に子供を出産して以降今まで、経過観察としてずーーーっと、病院のお世話になっておりました。
それがやっと今回でサヨナラです。
これで後は子供の水腎症経過観察だけになったー。

もう数えるとホント、この病院にお世話になってるものがおおくって困った。
しかも大病院の例に漏れず、

「はい、お母さんの内分泌だから、8月○日に予約ね」
「はい、マナトちゃんの腎臓の予約は8月△日ね」
「はい、マナトちゃんの心臓の検査の予約は8月□日ね」
「はい、マナトちゃんの幽門狭窄の経過観察は8月☆日ね」

ってさー、せめてマナトの用事は全部同じ日にできんのかね〜って位、病院だらけにな月も多くて大変でした。(8月は例にとって書いたけど、実際はも少し前にこんな状態がありました)

妊娠してる時に、そろそろ産休に入るから仕事の引継ぎでどうしても休みがとりにくいときがあってね、

「後3日で産休に入るから、通常の妊娠の検査の日に、内分泌の検査、お願いできませんか?それ以降は先生の担当の日に参りますので」

ってお願い1回だけしたことがあるんだけど、すっごいイヤーな顔されて、

「こーゆーのはね、本来はできないんですよ。私の担当は金曜日なんでね。 本当だったら会社の上司の方に話していただけると良いんですけどね」

ってネチネチネチネチ言われましたとも。
しかもその先生というのが、今日までずーっとひっぱってた「内分泌」の先生だったわけ。

よりによって、マナトの幽門狭窄の時に、はらぺこで暴れまくっていた新生児だったマナトにエコーをかける時の、子供の体を押さえつける役の人がまたこのセンセーだったり。
イヤだな…と思ってるわりに、なんでだか変に縁があったこの人。
あー今日で正式におさらばだー。

はーすっきりしたー。


や、センセもね、その後はさほどヤなことしてきたわけじゃないんですが、(糖尿病の人の食事という本2冊買わされたり、血糖値チェックの為の機械を買わせようとしたりしたけどね)
妊娠してる時の、なんにでもすぐに動揺してしまう自分に対しての彼の行動が、どーしても許容できなかったんだな〜。

ま、イイデス。もう関係ありませんからー。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妊娠製糖尿病(疑い)の経過観察がやーっと終わったー まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる