まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 保育園………やはり近いところが一番なのか…

<<   作成日時 : 2005/10/09 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こないだの金曜日。
そろそろ本格的に保育園のことも考えないと…ということで、近場の保育園に見学に行ってきました。

実は妊婦の頃にも、やはり同じようなタイミングで見学に出かけていました。
子供ができる=身動きが取れなくなってしまう。と頭にすごーくあったので、まだ動きの取れる今の内に行くのがベスト! と、デカイ腹を抱えてうろうろしていたんですが。
子連れで出かけたらまた、印象が違うのかしら…と思っていたワタクシ。
結局、子連れもそうでなくても、最初に受けた感じはそう変わらなかったなぁ…というのが正直なところでした。

一番自宅に近いA保育園。
ここはモンテッソーリとかいう思想のもとでの保育を行うところでして、一番施設も大きければ綺麗なところ。
特色はそのモンテッソーリ教育。 
とにかく個性を重んじるというのがあるようで、その子供が興味をもった事柄を積極的に伸ばし、その遊びを通じて実生活に通じる技術を身につける…といったことを説明していました。
知育玩具みたいなものが揃ってましたね。
子供には、ある時期ここの注意力と興味がとても高まるので、それにそった遊びを提供すると、ぐーんと伸びるとか、そんなようなこと言ってた。
おお! いいじゃないかいいじゃないかー。と思って聞いていたのですが、キャラクターとかそういうものについてはとても否定的で。
子供が園に入ったら、親がハンドメイドする必要のあるものは、たくさんあるんでしょうか?という質問をした時。(よーするに、手作りであれもこれも作って来い、というのは困っちゃうなーという、自分の危機感から・ (^^ゞ)


「特にハンドメイドは沢山ありません。これと、これと、これ位ですね。
ただ、使っていただく布の柄なんですが、こちらとしてはキャラクターものはあまり…というのがありまして。 所謂(と言ってディズニーキャラクターの袋を指差し)犬はしゃべらない、ネコもしゃべらない。クマよりも大きいねずみというのはあり得ませんので…」

と言われた時に、

うにゅ〜。確かにその通りなんだけど、ちょっと頭固いってゆーか…。
まあ、別にそれほどキャラクター商品好きじゃないから別にあんまり関係ないけど…。でもなんか杓子定規ってゆーか…。



とちょっと、かるーく引っかかりを覚えました。
それ以外は本当にお部屋も清潔だし明るいし、良い印象を受けましたですね。
先生も皆丁寧でしたから、その手の教育は厳しいのかな〜って感じ。
逆にいうと、ちょっとお堅い感じ(苦笑)



B保育園は、自宅から5分程度のところにあり、かなり建物も古い…いかにも、市の持ち物の園です〜という匂い漂うところでした。

ここはほんと、良くも悪くも昔からのタイプの保育園で、特色というのは異年齢を一緒にまぜての保育があるということ。かなぁ。
後はそれほど特色めいたものは感じませんでしたね。

丁度見学にお邪魔した時に、この地域の子供をもつママさんが自由参加できるという会が催されてまして、(恥ずかしながら、情報収集能力は0なので、でかけて初めて知りました)
折角なので…と名前を登録、次回は電話なしで参加もOKということになりました。
かなりの人数のママさん子供さんが来てて、今更ここに入って大ジョブかしら私…なんて後ろ向きな考えが頭を過ぎりましたが、ちょっと観察してると、子供と母親と二人の世界に入ってる親子もいましたし、「ああ、いいんだ、そういうのでも」とちょっと安心しました。

保育園の見学に来て、育児の集まりに参加しちゃったよ(苦笑) という印象が強い保育園。
そーゆーサークルの集まりに対して、常時部屋の貸し出しをしているようです。
あんまり印象が薄すぎるのと、延長保育のラスト時間がA保育園と一緒だったので、
どちらかを選べといわれたらAかしら…ということで、あっさり、候補から外しました。


C保育園。
ここは当初見学に行く予定はありませんでした。
ちょっと遠いんです…。といっても徒歩15分程度なんですが。
朝夕の通勤途中で子供を連れて行くにはちょっと…な時間ですよね。往復30分かかるってことでしょう?

ここはB保育園と一緒で、施設も古く、所謂公共施設って感じのところなんです。
私が通った小学校の隣にあって、自分が通ってた当時もあった保育園なんで、まあ、そりゃー歴史もありますわな。
特色は、自然を取り入れている…といったところかな。
園庭も広くて斜面がある。それをうまーく利用して、子供が自由に遊べるようになってるんですね。
しかも、園児だけじゃなく周辺の親子にも園庭を開放してまして、月曜日から金曜日の昼の間は自由に出入りできるという。
ここの特色はゆーなれば自由奔放ってやつですね。裸足の時間なんかもあるようです。

自分としてはこのC保育園が一番気に入ったのですが、なにせ遠い…_| ̄|○
延長保育は8時までやってくれているので、帰宅時に間に合わないということはありませんが、なんといっても毎日のこと。
続けば大変になってくるのは目に見えていますし、一番のダメは、1歳児からしか受け付けてくれないところなんです。

マナは1月生まれ。
2006年1月に1歳になるのですが、公認保育園としては、年度で年を数えるということで、私が育児休業を終了して仕事復帰する時にはまだ、0歳という扱いになり、空き待ちの対象とはならないんだそうです。



じゃ、だめじゃん……



会社の育児休業延長措置も、あくまで「申し込んだけど空きがなくて入れませんでした」と言う状態が前提での延長可能なわけで。
その届出をする際には、当然のことながら、役所の証明の入った書類提出しなくてはいけないんですね。

…ということで、Cはもう、4月からの一斉入所以外はお話にならず、大体において遠いので………。
という結果になりました。


やっぱそうなると、一番近いA保育園ですね。
若干こう、ひっかかりも感じはしますが。しっかりしているのはしっかりしてるところだったんで。
お堅いもなにも、その位は妥協点なのかなぁ…という感じもします。



私の住む町では、直接、園に申し込みをして…というのではなく。
役所の子供関係課が園の状況、申し込み等全てを把握。 申込者の就労状況や家族状況に応じて点数をつけ、その点数の高い順に、優先的に希望する園の空きが出次第入園の資格が発生するという方法を取っています。
点数でいえば、ウチは夫婦二人でもって各マイナス1 ⇒ すなわち世帯では満点マイナス2なので(満点をとるには、一日あたりの平均労働時間が8時間以上でないとダメなのだ、うちは7.35時間なので残念っ!)まあまあ条件としては上の方だと思うけど。
1月からの空き待ちとなると、実際空きが出なければどんなに条件が良かろうとダメだってことで。
その辺の事情を役所の人に聞いてみたらば、9月には役所が管轄してる51園全ての中で、空きはたったの1人だけだったそうでありますよ。

役所の人もなかなか言葉濁してらっしゃいましたが。
「まあ……途中というとなかなか……ねぇ」とおっしゃってましたので、まあ〜無理だとは思うし、無理の方がありがたかったりもします実際のところ。

公認の保育園は、慣らし保育というのがないそうなので、もし、復帰の1月に空き待ちで入れちゃうと逆に、突然環境が激変してしまうことになり、子供のためにもあんまり良くないのですよ。
ならば、2月以降…いっそのこと、4月1日からの一斉で入れた方がよっぽど楽ってもんです。
私も休みが延長されたらそりゃ嬉しいしぃ〜(苦笑)


ということで、Aだな…うん。
保育園Aで行きましょう。
他の希望はなし。 これ一本だ〜。




   
日記ランキングに参加しています。
もし良かったら、ポチと一発、
押してやってください。

■ランキングへ■



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
保育園………やはり近いところが一番なのか… まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる