まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 男女差別のない職場に…(from 朝日新聞)

<<   作成日時 : 2005/12/27 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日の社説ではやってくれましたよ、朝日新聞万々歳だわ。

男女雇用機会均等法ができてからというもの、表立って男女差別をする企業というのは、大分減ってきていると思うんだけど、実際蓋を開けてみたら、なんだよ、所詮こんな程度?な、内情は実にお粗末だったりするのを、肌で判じてきていたわけですが。そういうのも、見えてないわけじゃないのねーと、ちょっとだけ安心したというかね。まあ、嬉しかったんですよ。



「ちゃんと育児休業制度も充実してますし、男性社員にも、希望があれば育児休業の機会もあるんです」なーんて、外面は非常に良かったりする。
んだけども、
その会社を構成している一社員であるおっさん連中の意識が低くてどうにもならないという場合も、またあるんですよね(吐息)


会社は意識改革にがんばってるのに、内部の古ーい考え方した頭の固いオッサンが足をひっぱってるのか。
それとも、実は
会社自体が「男女均等」だなんてとんだ夢物語。とりあえず、国がウルサイから形だけ整えて書類提出すればいいんでしょ。

というスタンスでいるのかが気になるところです。

どっちも、勤めてる女性社員としたら迷惑なのには変わりアリマセンが、会社が消極的だと、どんなに女性からの声が出ていても握りつぶされる可能性があるからねぇ。
それこそ、どんな方法を取っても握りつぶしてやるという態度で来られたら、もう、内部にいる間はどうにもなりませんもの。
それこそ、労基所に告発とか??


朝日新聞では、間接差別についてを述べていましたね。
表向きは男性女性、どちらにも差別はしませんよーという立場を見せながら、実際のところ、どちらか一方に不利に働くことをいうそうですが。
この時の例示がね、ちょっと笑っちゃったのですよ。なんてウチの会社にそっくりなんだろうって(苦笑)

少々引用しますね。




【……(略)……たとえば総合職、一般職などとコースに分けて正当な理由がないのに賃金が低くて昇進もしにくい方に女性が集中している場合などだ。……(中略)……コース別雇用をしている180社を対象に調査したところ、総合職に占める女性の割合は5%だった。不自然な少なさである。これではコース別の採用が、女性差別の隠れみのだと思われても仕方がない。】

朝日新聞 2005年12月26日 社説より









うちの会社のこと、
名指ししてるのかと思った(爆)





「総合職」「一般職」だなんて、まさにその通りの名称でんがな。


総合職は、大卒以上で雇用された社員が、そのままなんの問題もなければ、エスカレーター式に入っていくコースなんですね。
雇用時ももちろん格差があって、最初から、もう、一般職の一番上の扱いで入ってくるんです。
一方、一般職は高卒や短大卒で雇用された男女が自動的に振り分けられるんですね。
一般職の一番下のランクからはじまって、私なんて今、勤続15年目を迎えているとこですが、それでも一番下から1つしか、ランクは上がってません。

そして一般職の中でも男女差別は厳然としてあります。

総合職、一般職の分け方が学歴にあるというのならば、少なくとも、高校を卒業して短大なり専門学校なりに通ったならば、その分高校卒業よりは良い待遇で位置付けても良いと思いますが、
女性である、というだけで、同じ一般職でも男性の方が早くに昇進するんですねえ。
あっという間に差がついて、私と同じ年に入社した男性社員は、一般職の一番上のランク、もしくは一歩、先に進んでいる人もいます。
女性の場合は、一般職の一番上のランクをもらうためには、50歳台にならないと…という暗黙の了解のようなものがあったりしてね、まず昇進はしませんのよ。

や、もちろん仕事内容にも差がありますので一概に言えない場合は多いですが…。
しかし、事務として仕事をしてきて思うのですが、やっている内容は、あまり差がなかったりするんですよねぇ…これがまた。

私みたいな中途半端な人間でもね、人前に出てなんかやったりとかもしますし、行事の企画、進行なんかもしてます。予算管理もやりますよ。出張もありますしサービス残業だってしてきました。(まあ、うちの会社のサービス残業なんて、他の業種に比べたら屁みたいなもんですけどね、ちゅか、本来しちゃいかんでしょ!・苦笑)


大体のトコ、男女比がひどいですよウチの場合。
男9に女1みたいな感じですもん。

組合だってね、意識が古いのが見え見えだもんなー。
「一時金の平均額を発表する表」の並べ方からしてさ、



博士 ⇒ 修士 ⇒ 学士 ⇒ 専門 ⇒ 高校 ⇒ 短大



専門学校まではわかるとして、なんで短大が一番最後?
ってもう、あんまりに「当然すぎて見えてない」という状況が見え見えでしょう?
ようは、短大卒業は女性が多いから。当然のように一番最後になってるんです。

オフィスの花として、結婚したら即退職していたオンナノコ、そういう位置付けで組合もずーっときていたから、無意識にこういう順番にしていて、永年そういうことにも気がつかなかったと。

大したことじゃないですよ〜並び方なんてね。ええ。

そんなことに目くじらを立てて…なんていわれちゃうと私も正直イタイですが、
こういった、些細なところに、実はその会社の体質がモロ現れてるって感じちゃったもんでね。
当然、気づいた時に組合に対して進言申し上げました(苦笑)

組合からの返答
「永年このスタイルできていたので気づきませんでした。次回から修正したいと思います」
だって。
ヤッパリねぇ…。
組合員を守る立場の組合ですらこれですもん。

・・・うちの会社はまさに、先に書いた2つの中でも
【国がウルサイから形だけ整えて書類提出すればいいんでしょ】系の会社である可能性が非常に高いんではないかと、疑わざるを得ませんわ。
ついでに更に、内部のおやじ達の意識も低いという二重苦(苦笑)


こんな会社ですけどねー。やっぱり15年も勤めてたら、情が湧くってゆーのか。
まあ、住み慣れた第二の我が家のような心地よさもあったりして、なかなかに辞められません。
辞めたところで、次に正で社員として入れる会社があるのかといったら、まず、現状として無理でしょう?今は。
先行き不安な世の中ですから、ツインターボで少しでも溜めておかねば、子供をガッコにやらすこともできなくなりますからね。
ええ、ママはできるかぎり働きますとも!



まあ…フォローするならば…。
人柄はね、悪くないんですようちの会社の人たち。
なんてのかーーー。田舎もんってのかな。
底意地の悪い人にあたる確立はかなり低いし、それなりに優しい。

男女差別といっても、「いままでこうだったから」という風に、流されてる場合もある。
意識が低いのは、そういった風潮の中で、会社として、教育が機能してなかったからというのもいえるんですよ。


私がはじめて妊娠し、その子供が流産でこの世に生まれ出ることが叶わなかった時。
私の直属の上司が言ったこと、今でも忘れません。

そういう方面での感覚が鈍い、というのもありますが、
まず、意識が低すぎるし、「周囲がこうだから自分だけそうしないわけにも…」的な、【なんか勘違いしてないか?オッサン】的考え方をなんとかしないとね、それで人事考課つけられちゃたまりませんて。
まさに、妊娠・出産を理由にした不利益な扱いそのものでしたもん。全く〜。(そのへんの一部始終は、この辺にあります)





会社という小さな社会が、高度成長期時代の「常に右肩あがりであるべき」意識から、どう意識改革をしていくかということに。実は、これからの日本がかかってきてるような気がしてならないんですよね。


だって、私達、社会を背負っている現役世代の大人は、起きて意識のあの時間の大半を会社の中で過ごしているんですもの。
その会社が変われば、自然、周囲にその影響が現れていくと、私はそう思うのですよねー。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、ゲンです。
今年の1月から就職活動している自分にも「女」の枠はカナリきつく圧し掛かってます。
車の仕事がしたくても外回りは男だけ、とか。
不平をいうと「女性でも能力のある方は採用しています」…能力って何だよ、みたいな。
まだまだ頑張って仕事を探しているんですが現実は厳しいです。
子育ても「ファミリー・フレンド制度」が出てきたとしても、評価されて終わりなんですね。
日本の会社組織が早く変わってくれることを願います。
ゲン
2005/12/28 23:42
就職活動お疲れ様ですm(__)m

「能力のある方は…」って、ていの良い言い訳ですよね。
大体、「女性でも能力のある方は」という【女性でも】の部分、聞き捨てなりませんよねぇ。
【女性でも】?【でも】????、ナニソレ。
この一言に、この会社の方針がにじみ出てると思いませんか?
こういう会社は入ってからもしんどい思いをする可能性が高いかもしれませんね。
それとも最近はどこもこんな感じなのかしら…

しかし「外回りは男だけ」なんて言う面接官がいるとは…。言質とられちゃうかもしれないのに不用意な方だ。

元々が男性の多い業界の場合は、結構この手の古い体質が残ってるように見受けられますね。

うーん…。

女性、男性…というよりも、「人」として、評価して欲しいですよね。
まにゃまま
2005/12/30 19:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
男女差別のない職場に…(from 朝日新聞) まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる