まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 旦那ママから電話がキター(><)

<<   作成日時 : 2005/12/06 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

嫌いというわけじゃないけどキンチョーします(苦笑)旦那ママ。
旦那パパはそんなに緊張しないんだけどなー、なんでだろう。同じ女だからかなー。やだなぁ。
やはり同じ性同志というのは、お互いを見る目が厳しいという話もあるし、そういうの暗黙で気になってるからかなー。

先日は、旦那の携帯に電話が入らなかったからということでうちの自宅電話にかかってきたんですね。夜の8時過ぎ頃かなー。
マナトがしっかり寝付いた後なんで、電話の音くらいじゃビクともしないんですが、それでもベル鳴らしっぱなしで出ないのは、さすがにあんまりあんまりなんで、


「……はい」
って出てみたら


「……あー、仙台の○○ですが…」

どひゃーー失敗、旦那ママちゃんだったー( ̄□ ̄;)!!!  すんごい無愛想な「誰だよ今頃電話なんかしてくるヤツはー」ってな声ででちゃったよー( ̄□ ̄;)という状態に陥ってしまいました(苦笑)



本題からずれますが、ここで言い訳しちゃいますと。
最近変な勧誘やら詐欺まがいの電話やら、多いじゃないですかー。
だからイチイチ電話に「はい、○○です」とか言えないんですよね。

「あ、○○さんですか?」
なんて調子こいて話し掛けられちゃうのがセキの山ですもん。




で話を戻しますが、慌てて嫁モードで声作って応対なんかしてたわけですが、
旦那ママは昔、小学校の先生をやってたことがあるというお人で、家族皆、頭良い一家。
そのせーかどうか、話をしてるとなんとなく学校の先生と話をしてるような気分になってきちゃって、私若干萎縮してしまう傾向になるんですねー。いかんことに。

私が学生やってた頃はまだ、先生はエライ、先生はすごい、先生に怒られたら大変。という、先生という立場に対してある種の畏怖のようなものがありましたから、それが潜在意識に刷り込まれてるのかもしれません…。

先日はマナトは元気ですか?という話から、子供のオモチャの与え方の話になりまして。
仙台のじいじバアバも、孫におもちゃをあげたくて堪らない気持ちで一杯だけど、子供におもちゃを与えすぎるのは良くないという考えから、なんとか気持ちを抑えている、と。
子供の対しては、できればおもちゃはひとつだけ与えて、後は片付けてしまう方が良いという話を頂きました。
子供の想像力を奪うことになるからだそうです。

1つのおもちゃでどうやって遊んでやろう。いろいろ考えて遊ぶ。

うん、確かに言われる通り、想像力・創造力のある人に育って欲しいとは私も思っていますので、納得する部分もあり、
「しかしなぁ…」と思う部分もあり…で。なんかちょっと、心のなかウニャニャニャな気持ちが残ってしまいました。


うちの実家親は、家が近いこともあり、気が向いたらおもちゃを持ってきてくれます。
私も、最近は「こどもチャレンジ」を申し込んだからそんなに買うことはなくなりましたが、逆に、モンテッソーリの保育園見学以降、日常にあるものを使って工夫した知育おもちゃなんかを手作りしてみたりもしてます。
私がお邪魔したことのある、お子のいるお宅に良く見る風景ってゆーですか、オモチャ箱の中にさまざまなタイプのオモチャが突っ込まれてて、部屋の中には何種類かのオモチャがちらばり、乗用玩具が端の方で鎮座してる、そんな状態で毎日を過ごしています。

マナト自身は、そんなオモチャをそのまま使ってみたり、「これとこれと…」と組み合わせてくっつけようとしてみたり、ぶつけてみたり、上に乗せてみたり投げてみたり…。
親の私の目から見ると、それはそれで工夫して遊んでるように思うのです。まあ馬鹿親の濁ったフィルターを通して見たといわれればそれまでですが(苦笑)

これじゃ、だめかな??

モーツァルトの時に思ったのもそうなんですが、それだけーとか、に絞込み過ぎもどうかとちょっと思うんです…が…^_^;



子供が夢中になって遊びはじめたら、邪魔をしないように親は見守る。
「ほらほらこれはどう?」と他に気を引いたり、別のおもちゃで釣ったりしないで、
今夢中になってるおもちゃで自分の思うように遊ばせる。
それから回りのものに目がイって、今のものとまわりものと混ぜて、もしくはそちらに気持ちが移って遊び始める。段々と、それとこれ、これとそれ、みたいな感じに絡ませ始めたりして。

呼ばれたら(アイコンタクトとか、声とか仕草で)一緒になって遊ぶ。
こういうスタイルではいかんのかな…。

地理的な関係上、どうしても仙台の親とうちのコが会える機会が少なくなっちゃってるのが気に掛かって、申し訳ないとは思うのですが(嫁としては、正直なトコラッキーな状態ってやつですよねこれは・苦笑)、うちの親が孫に頻繁に会えてオモチャを持ってきてくれる。買って上げられるという状態にいるというのと。「孫のために」とおもちゃを買わないよう我慢してる仙台の親の我慢の気持ち。
どちらの気持ちも非常に良く分かるので。
どちらの話も、私が納得がいって「なるほど、それはその通りだなー実践してみよう」と思うこと以外、スルーすることにしました^_^;

だって納得いかないんだもん(苦笑)

なんとなくね、気持ち的には旦那親の方が孫の事に関してはウチの親よりも、変な言い方だけど、損してる度合いが高いとは感じてるので、出される意見に関して「うむむ・・・この位は聞くべきなんだろうか…孫にもあんまり会えないんだし…」という気持ちが胸にもやもやしちゃうんですけどねー。
うちの親ばっか良い思いさせてる(その分負担も掛けてますが…)よなぁ…って、嫁側としては「ウチの方ばっかすみませんm(__)m」的な気分にもなってるんでね、できる限り、仙台側に協力できるトコはしようという気持ち、あるんですよー ^_^; もちろん、私がストレスに感じない範囲でのことですけどね (^^ゞ←それが問題?笑

私もこーゆーこと感じちゃうと黙ってられないタチなので、オフレコだけども、と前置きしつつ、旦那に「この話については、聞きはしたけどスルーするからね」と、宣言してしまいました(苦笑)

電話口では「そういうの専門にしてらした方の意見、参考になりますぅ♪」と言っておきながら、やるかやらないか…については曖昧にお返事…。




黒いよなー





自分でもそう思いました(苦笑)
処世術、世渡り術ってヤツですかね。
でもきっと、旦那ママも分かってるだろーな…(苦笑)
あーもうなんでもいいやっ。




   
日記ランキングに参加しています。
もし良かったら、ポチと一発、
押してやってください。

■ランキングへ■


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旦那ママから電話がキター(><) まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる