まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもが【股覗きをする】【親の股の間を通り抜ける】と次に子どもが生まれる?

<<   作成日時 : 2006/02/07 09:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最近よく、子どもが立っている私の股の間をトンネルのように通り抜けたり、自分でお尻を高々上げて股覗きをします。傍で見ているとまるで三角形?って感じになるので非常に可愛らしく、また、そのままの姿勢でゴロリンすることもあるので、結構周囲に気を配ったりもするんですが(苦笑)

先日うちの小うるさい姑のような実母(←ごめんよママン。でもホントのことってあれぇ??・笑)が来てくれてたとき、それをやらかしたマナト。




「あらら、子どもがこういう仕草をするときって、次の子どもが生まれるってことなのよ〜、あらららら、あら、これじゃ仕事に復帰してもすぐにまたお休みかしら〜?」




なんてにやにやしながら言ってくれました。
その時には



「へえ〜、そんな言い伝えがあるんだ」


「昔から言われてることだよ」


「へえ〜、知らなかった。そうなんだー」




で済ませてたんですが、本日「そうだそうだ」と思い出し、「子どもの股覗き」で検索を掛けてみましたら、

【子どもが股覗きをする時は、次の子どもがお腹にいることを察知していると昔から言われている】みたいな発言があったりして、






「ええーっ?」





いやいや、私まだ、その…子どもができる原因がマダなもんで…(苦笑)
だから、次がお腹にいることはあり得ませんのですよ(苦笑)

しかしちょっとびっくりしちゃった。


同じ書き込みの中には、「子どもが股覗きをするくらいになったら、体が大分丈夫に成長したという祥子なので、そろそろ次の子どもをつくっても大丈夫だという言い伝え」みたいな発言があったので、おそらくはその辺がアタリなんでしょうね。
次の子どもが生まれる頃には、少々目を離して転んだりしても、大事に至らない位になってるよ、という、昔からの言い伝えなんでしょう。


しかしまあねぇ。

この4月からの職場復帰を目指す身として、出ですぐまたお腹が大きくなるのはちょっと問題アリって感じで(苦笑)
いやいや、少子化を食い止めるということで貢献はしてるんでしょうがね(苦笑)
椅子を温める暇もなく、というのはさすがにヤバイっしょ(苦笑)







   
日記ランキングに参加しています。
もし良かったら、ポチと一発、
押してやってください。

■ランキングへ■


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子どもが【股覗きをする】【親の股の間を通り抜ける】と次に子どもが生まれる? まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる