まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 40-50pの段差なんてへっちゃら♪

<<   作成日時 : 2006/04/25 08:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

復職早々に風邪風邪していた私ですが、本日とうとうマジダウンしてしまいました。

うーん…メーデーが効いたのかしら…。
やっぱもっと大人しくしとれば良かったよ_| ̄|○


ということで、本日お休みの連絡を同僚に入れ、9時には上司に電話することに。
あと30分少々なので(ご飯食って片付けるだけなのに異様に時間がかかった…)
今布団に入っちゃうと起き上がれない確立のが高く。
ということで、30分を限度にブログいきまーす。




最近あんまり子供の話題が出てませんので、ここらで一発、今一番困ってること、いっきまーす(苦笑)



いま、ウチノコは段差祭り一色なんですよね。
ちょっとでも段差を見つけると昇りたくて仕方なくなる。
高いところを見つければチャレンジしたくてたまらなくなる……あ、ちょっと今嫌な連想しちゃった。
将来ワンゲルとか好きになったら困るなぁって・汗……親がもともと、地方に出かけたら、その土地の展望台やらお城やらに登るのが好きな二人なので、その血なのか?といえなくもありませんが。

なにが困るって、食事用のテーブルあるじゃないですか。
あれ、多分大体高さって決まってると思うんですけど。アレにね、まずは椅子からヨジヨジよじ登って、そこから更にテーブルの上によじのぼり、ご満悦になっちゃうんですよ最近は…。


私、机の上に足を乗せる人って大嫌いなんですよ。
(状況でどうしても机の上に乗らないと届かないとか、そういう理由があれば別ですが)
格好付けとかスタイルでとか、昔の映画なんかでそういうの、出てきたりするじゃないですか。
あれ、ダメ(苦笑)

これは私の個人的なものの見方なんですが、
テーブルは食べものを頂いたりするところであり、食べ物は命を支える為の大事なもの。
その大事な物を置くための場所に足を乗せるなんて、自分の口を足蹴にして踏むようなものだー(←微妙に妙なたとえなのですが^^;)という感覚があるんですよね (^^ゞ


子供の場合は、テーブルの上に乗らないと何かに届かないという、その大事な何かがあるはずもなく(子供の頭の中ではあるかもしれませんが)
ましてや自分の背丈と同じ高さのテーブルの上に乗って「えへえ」なんて笑ってるのは本当に危険この上ないことなので、とにかく見つけ次第「いけません」と下ろしてるんですが、これがまたぜんっぜん効き目がない…_| ̄|○
下ろしたそばから、私の足をかいくぐって椅子に向かって短い足を伸ばし、よじよじしてるし_| ̄|○


なんなんでしょぅね、この執着は。
この年頃の子供の通過すべき成長点の一つなんでしょうか?
いいかげん辛くなって、以前使わないでしまってた「ハイチェアー」を取り出し、それを設置してそっちにのぼれー なんてやってたんですが。
これも何回か楽しそうによじのぼって、心配して側につき、椅子を支えてる私めがけてダイブ!とか、とんでもないことをやらかしてくれたりもしたんですが、それでもやっぱり禁じられてるテーブルのが楽しいみたいで、最終的にはそっちに戻っちゃう。

先日は帰宅そうそうそれだったので、つい、頭に来て、テーブルの上に上った子供の両手をしっかり握り


「ママはテーブルの上に乗ることが嫌いです…∞」

とひくーい、抑揚の無い声で何十回と繰り返してしまいました(苦笑)
その間、子供はといえば、「手をはなせー」とばかりに暴れてエンエンやってたんですが、許しませんよママは(苦笑)
多少後ろめたい思いをしてるのか、視線を合わせないようにしてる子供の視線を追ってあわせ、「ママはテーブルの上に…以下同文…∞」


泣きそうになった瞬間に、そのまま抱き上げて床の上に下ろしたら、懲りたのかその後は卓上に乗らなくなりました (^^ゞ

翌朝の今日は、先日のことを忘れちゃったんでしょうね。
食事してるとこにやってきたんですが、私が「むむっ」と子供を見つめてテーブルの上に掛けようとしてた足を一度払い落としたら、それ以降、テーブルの上にのろうとはしなくなりました。

これを何回かやればいけるかな〜?^_^;

や、さすがにこの年齢で叩くのはイヤだったし、「こらっ」とか「だめでしょ」とか大きな声で短い鋭い言葉で注意を発しても、「えへえ」と笑っちゃうので、構ってもらってると思ってる節が大。

ここは一つ、普段は発しないお経スタイルの声で低く一本調子に不気味に、そして断固として視線を合わせ、「ママは○○をすることが嫌い」とこんこんと諭すのが一番かなぁ…なんてね。


今のところそれで成功してるのは一例。
カーペットの下にフロアマットを入れてる部分があるんだけど、それを引っ張り出して遊んでた時期があり、イチイチ仕舞いこむのがあまりに大変だったため、このお経スタイルをやってみたら、それ以降、そういう遊びをすることがなくなったという…。
もしかしたら、それに対する興味がなくなった時期と丁度一致してたのかもしれませんけどね。


ま、何はともあれ。
40-50センチの高さ+30センチ(テーブル)から落ちたら、そりゃー危ないのでね。
これはなんとしても、ここで遊ぶのを諦めてもらわねばなりませんて。



   
日記ランキングに参加しています。
もし良かったら、ポチと一発、
押してやってください。

■ランキングへ■


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
40-50pの段差なんてへっちゃら♪ まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる