まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 土鍋でお米を炊く

<<   作成日時 : 2009/07/20 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小十郎様のお米をおいしく炊くということで、以前プログに書いたかもしんないけど…。
いちお、このプログはうちのダンナも見てる(はず)んで、私が出来ない時にはやってもらいたいことを
つらつら書いてみる。


1.米とざるとボウル準備ー。

  米はうちの場合通常2合でオケ。
  ボウルに先に水を張っといて、
  ざるの中に準備した米を一度ザっとボウルの水に入れ
  サラっと表面の汚れを洗う感じで一回ながす。

  次からは本格的に普通にとぐ。
  水が透明っぽい白になったら研ぎ方終了
  で水から上げ、ザルの中に。



2.米をざるに入れたまま1分ほど放置しまする。
   あんま長く放置すると、米にヒビが入って良くないらしい…。



3.すぐに炊くならここで土鍋と米の量をはかったカップを準備。
  すぐに炊かないなら、米の量をはかったカップと、ボウルを用意。

  水の分量は、カップで米と同じ量+カップの3/4。
  梅雨時は3/4弱程度にして、
  鍋またはボウルに入れて30分米に給水させますよ。
  (朝準備して帰宅してから炊くときは、ボウルの中にこれを入れて
   軽く蓋して冷蔵庫放置)


4.土鍋の蓋に銀紙を挟みこんで、
  湯気の噴出し口のところから湯気がブシブシ飛び散らないよう
  かるーく覆う。


  
5.火力最大で沸騰するまでGO!
  沸騰したら即火を最弱にして5〜6分そのまま。
  (鍋の蓋の周辺がボコボコして盛大に吹くけれど、適度にガス台周りを
   拭き拭きしてやりすごす。



6.5〜6分過ぎたら火をとめてそのまま20分放置。



20分経過したら食べてよーし!


--------

結婚するときに、電気釜あんまり重要視してなかったんで
結構やっつけ仕事で電気釜を買っちゃったんだよね。
そしたらご飯、おいしくなかったんだ…_| ̄|○


でも長年そうだし、そんなもんかなーとも思ってたのね。
時間はかかるくせにうまくないっちゅー。
保温機能も使わないし(できたら即他の入れ物にうつしてしまうクチ)
電気釜はほっとけばたいてくれる機械程度にしか思ってなかった。


ある日、なんかの次いででサライかなんかを読んだら、「土鍋でご飯」なる記事があったんですよね。
んで、私が書いたのでも分かるように、結構短い時間でスパパっと炊けてしまう。
しかも手間もさほどかからんっぽいという事がわかったので。

今の飯よりも格段にうまいのならば、土鍋で炊飯も考えてやらんでもないが、まあまず無理だろう。
なーんてやけに上から目線で思ってたんですよ。
一度位ためしてやっかと今まで使っていたやっすい「無洗米」でお試しをしてみました。


ダンチ、ピカイチ、どこのブランド米ですかこれは!?

な出来に狂喜乱舞した妻がひとり(笑)
それ以来、よっぽどでない限り、米炊くときは土鍋使ってます。
だってさ、白いご飯をおかずに白いご飯が食べられる、というくらいうまいんだもん!
土鍋の蓋をオープンしたときのあの香り! これだけでウマーです(笑)
あまりにご飯が進むのでびっくりしたくらいでした。

そして今、私の手元にあるのは≪小十郎様と政宗様のお米≫やら≪ヒノヒカリ≫やら(笑)
無洗米がいつの間にかブランド米ですよ(苦笑)
どんどん、ランクの低い米でこれだけうまいなら、もともと評判の米ならどんなに…という欲が出てきてしまってね(苦笑)
いや、いずれちゃんともっと安い米にシフトしてかないといけないとは思ってるんですが、やばい、美味過ぎるっす(笑)


ちなみに、土鍋ならばどれでも良い…んだろうか。
その辺はイマイチわかんないです。
うちのは、結婚記念に頂いた「伊賀焼き」という土鍋でやたらでかいやつ。
がんばって3号までかな。4号炊くと多分ものすごいことになりそうなので…(できなくはないだろうけど)
有名な「峠の釜飯」の空き容器でも炊飯できましたよ。
ただ上で書いた分量の水で1合を炊こうとすると、ぜってームリムリムリムリ〜な状態がわかりますので、
3/4合程度とかでやった方が良いと思います。

最近ご飯といえば白いご飯ばっかですが、炊き込みご飯をするよりも息子が喜ぶし、
(炊き込みになるとあんまり食べてくれない…_| ̄|○)その方が楽だしで
炊き込みご飯トント作ってません〜。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
土鍋でお米を炊く まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる