まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 澤の井酒造に行ってきました

<<   作成日時 : 2010/03/08 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

この三連休、マイマザーとマイ息子の誕生日祝いを兼ねて食事+旅行なんぞをしておりました。

SLスキーな息子のため、ミニSLが料理を運んでくる「いろりの里」というところで昼食をしたり、息子初めてのボウリングをしてみたり。
「たまがわ」という絵本に描かれていた「羽村の取水堰」を見にいったり、桧原村の古民家に泊まって凍えたり(苦笑)。またまた西武遊園地に行ってみたりなんて盛りだくさんな予定を立ててくれてありがとぉ旦那よ!(笑)


日本の川 たまがわ
偕成社
村松 昭

ユーザレビュー:
とても楽しくて郷土愛 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




この本をカーナビと一緒に使っていましたが、この本結構キッチリ描いてあって驚きですよ。
この中に、「羽村の取水堰」が描いてあるのですが、季節的に丁度どんどやきの準備がされていまして、その様子まで、絵本の中にありましたもの。


そうそう、この本の中にも描かれています「澤の井酒造」
伺った日に丁度「ふるまい酒」や「かす汁の無料サービス」なんてやっていまして。
まあ寒い日でもありましたから、運転手そっちのけですっかり温まらせていただいたわけです(苦笑)

で、中庭っていうのかな、そのかす汁とかを振舞っていただいていたところに、簡易施設で、これは販売ブースなんですけど、汲み豆腐やら、もつ鍋やらを扱っている中に、「蔵出し生原酒量り売り」というポスターが踊っておりましたのですよ。今の季節限定の文字付きで!

うわー、蔵出しの原酒を、その場で量り売り?! えー、しかも目の前で手詰めしてくれるなんて!?

賞味期限は3日と非常に短ぅございましたが、もう目がそれにすいつけられてしまい、ついつい友人宅への土産もふくめ2本、お買い上げしてしまいました。
ちなみに友人には明日お渡しするため、「今日中に飲んでね」が合言葉であります(苦笑)


酒のビンはのよく冷酒が売られているあのタイプの緑の瓶。←なんじゃそりゃ(苦笑)
これに、生ビールなんかで良く見る銀色のサーバーから、冷えた生酒が注がれていきます。
そしてきゅきゅっと店の人が手で栓をして終わり。
価格は1本700円でございました。

お値段のことや、良い酒とは何か、なんて言われてしまうと私にはよく分からないのですが、本日これを家人とあけてみて、心底幸福な気持ちになれましたので、きっと私には合う良いお酒だったんだと思います。

開封して口に含んだ瞬間に華やかな香が鼻から抜けて、ぱあ〜っと扇状にっていうのかな、同心円というのか、そんな感じに広がっていくのにびっくり。
しかもちっとも嫌な感じじゃないんですよね。本当に華やかな空気がぬけてったという感じ。
それでもって味は甘口に感じました。
するるっと飲めてしまう非常に危険な口当たりってやつです(苦笑)
ちなみに度数は19.5度。これは高いのか低いのか普通なのか、はてさて私にはさっぱりです。


あんまり美味しいので主人と二人「おいしいねぇ〜、これはやられたよ」なんていいつつ、食事を取りながらいただいたのですが。こういう生のお酒ってすごいんですね。
最初頂いていた味が、一口目、二口目といくうちにどんどんどんどん落ちていくのが分かるんです。
鮮度が落ちるっていうんでしょうかね。ぱぁ〜と広がる感じがなくなっていくの。
最初の一口と最後の一口はもう全然別物のようになっていました。

全て呑み終え、大分良い気分になっている私。
「おいしいおいしい」を連発していたせいか、主人から
「そんなに気に入ったのなら、買い行けば? どうせ電車で近くまでいけるでしょ」
とのお言葉を頂きました(苦笑)


JR横浜線で八王子まで、八王子から八高線で拝島まで、拝島からはJR青梅線で『澤井駅」で下車すれば到着…
なんですけど…。

私が頂いた生原酒
期間限定であるし、伺ったときに取り扱いがなくなっていたといったら完全に凹む。
それでもってうにゃうにゃ悩み中でごさいます。



-----------≪後日談≫---------------


そして後日、再度訪問しましたよん♪
今度の私の目的は本当にこのお酒目当て。
家族三人で出かけました。
夫婦で熱燗と生酒をうふふ♪
今度はその場で1本頂いてきました。
自宅で飲んだときよりもさらにフレッシュな味わいがした、ような気がした(苦笑)←ほんとかー(^^ゞ
大体一度、「すごい」と思ったものを二度目に頂く時には、それなりな「がっかり感」があるんですけど、これにはなかったんだよなぁ〜。
だからやっぱ美味しいお酒なんだよ、と夫婦二人でほろ酔い加減で上機嫌になってしまいました。
子供は「でんしゃー、かわー♪」だったから、それなりに楽しめたんだと思います。
そう、すぐそばに多摩川の源流ってのかな、流れてるので、そのそばを散策できるし川も触れるから、子供から目を離さなければ楽しめるんですよねここ。

ということで、後日分も含め更にお勧めお勧め、でした☆






















 




澤乃井 本醸造 大辛口 1.8L
小澤酒造(清)東京

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
偕成社の絵本をなめちゃいけませんぜ、ダンナ!
絵本って手抜きがないだよ〜。未だに楽しんでいるよ、私。(ちなみに今年41歳)
利き酒体験は、羨ましい限りです〜。これは本当に良い機会に恵まれたんだなというのが、よく分かりましたですよ。(私は利き酒師の資格保保持者:笑)
良かったね〜! 私も今度、行ってこようっと。
こんなラッキーに恵まれるとは思ってませんが、酒造見学は好きなんですよ〜。
もと・うめさん
2010/03/12 23:35
つづけて二つもコメントありがとね☆
そうなんだ! 偕成社ってそんなにすごいのね?
この本、本屋で平台に並んでてさ、パララっとページをめくって即気に入ってお買い上げしたんですよ。
こういう絵本って大好き。
最近「空から日本を見てみよう」とかいうテレビ番組があるけど、息子ともども楽しく見てるんだ。
多摩川だけじゃなくて、相模川とか、酒匂川とかやればいいのにと思う。
利き酒師の資格持ってるんだよね! すごいなぁ。
私は単に飲んでみて旨ければそれで…な人だけど、ここの生酒は美味しかったと思う。うん。
そんなに遠くはないし、機会があったらぜひ、お試しをって思う。
蔵の見学もできるはずだし、川辺に下りて散策もできるから、少し暖かくなったらきっと良いと思うよ。
まにゃまま
2010/03/15 12:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
澤の井酒造に行ってきました まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる