まにゃママがつぼやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 息子のことで一喜一憂してますがな(苦笑)

<<   作成日時 : 2011/09/27 12:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年小学一年生になったわが息子です。
あんなに小さくてフニフニしてたムスコがねぇ…なんて感慨深いものもありますが、
保育園と違い、学校にあがると途端に親の心配のタネがむずむずと湧き上がってくるもので(苦笑)

今は登校とお勉強がね(苦笑)
ちょっと気になってますのでココでゲロっちゃいまするf(^^;)



もともと近所でお友達とかあんまり意識してなかったんで、
学校に慣れるまでは親がつきそって登校しようと思ってたんだけど、
親切にも、

同じ学校ですね、近所だし一緒に登校しましょう、

と連絡をくれたお母様がいらして

「まあそういうことなら…」

と、もともとあんまり顔見知りでもないけれど近場だし…
と一緒に登校スタートすることになったおコらがいらっしゃいました。

うちの子はちょっと性格が意固地というか、面倒なところがあったりする割にはアマエタなので、
大丈夫かな…と心配ではありましたが、
登校スタートの早々にまあ、ええ…ありましてね。

詳しくは書きませんが、この登校するコらの内の一人とちょっとトラブル起こしたんです。
喧嘩とかではなく、一方的に囃し立てられて、全然関係のない他の子にも
「○○はなんとかだったんだぜー」とか言いふらされたと。

先生らと話し合いの上、これは無事に解決したので良かったですが。

それとは別のとこでもなんだかもにょることが…ね。

朝、待ち合わせして学校まで出かけていたのですが、
皆揃ったね、せーのっ、ワーっと、それこそ蜘蛛のコを散らすように走り出し
ウチのコを置いてってしまうことがしばしあったらしいのですよ。
「にげろー」って、突然鬼ごっこのオマエ鬼なけってー! ってアレ。

でもま、
うちの子、いつも一番最後に行くからイケナイってのもある。
これはいつもいつもワタシから言うことなんですが、
いやな思いをしたくなかったら、ちゃんと早く家出れるように起きないとね。
それができないなら、もう仕方ないよ。と。

小一には荷が勝ちすぎちゃうかな…まだ理解が難しいかもな…
とは思ってるんですが、

「こういうことをしたら、こうなるんだよ」という因果関係と、
自分で自分の行動を選択させる、ということは常に言い聞かせていました。
今わかんなくても、いつもいつも言ってれば習慣のようになるかなーって。

だからほんと、自分で子どもに教えている以上。
自分が招いた結果なんだから仕方ない部分がある限りは
もうほんと、仕方ないよね、なんですけど。

ついついわが子かわいさに血管切れそうになったりします(苦笑)
馬鹿親ですよね。



でまあ、あんまりそのコらに迷惑をかける(待たせる)のもナンだから
(ホンネは、そんなに仲良いわけではないおコ達と、ムリに合わせて行く必要なし、
いちいちイライラしちゃうから、もういい!ってのが正しい・苦笑)

と、ウチノコを一人で登校させることにしたんです。
それで何ヶ月か経過したかな。

登校途中で他のお友達に会ったりしてるし、それから楽しそうに話したりしてるから
全然問題ないし。
それに通学路にはシルバー人材の人が立って、子どもらの登校を見守ってくださっている。

ならいーかと。




夏休みを過ぎ、秋になり。
たまたまそのコらと朝会うことができ。
一緒に登校できるかなーなんて、普通に話しかけたらしい息子なんですが、

「おはよー」
となるはずが、またしても彼らに逃げられたらしく、

「にげろー」

とか言われちゃったらしいんですよ。
この時の話を息子から聞くところによると、
結局最後まで勝手な鬼ごっこになって走ってった挙句、
学校で追いついたら

「あっかんべー」

なんてやってきたと。


…。
喧嘩売ってんだな? 

って子ども相手に大人気ないから辞めなさい!(苦笑)


頭の中両方の声が…f(^^;)



子どものやることだから、まあ、そういうこともありますでしょう。
今更なに仲間に入ろうとしてんの? ってのもあったかもしれないし。
ただまあ、親としてはさ、なんだろう、ちょっとさ、ムカつくわけですよ。
わが子のことですから。


私内心怒り沸点(苦笑)
でもって外面はひくひくしながらにこやかに


「ふぅーん。 そんなん一緒に学校いかなくても良いんじゃん?一人でも登校できるんだし
ムリすることないよ」

といってやりました。

ウチノコは鈍いたちなので、それでも学校で彼らに会ったり、下校の時一緒になると

「おい、一緒にかえろーぜー」

なんてにこやかに誘っちゃったりする、いわゆる良いヤツ(≒それ止まり)なんで
なんかそれもちょっともにょるというか…。


まあそんなこんなも勉強のうち、なんでしょうけどね。
傍らで見てるとちょっと自分のことのようにハラハラしたりイライラしたりしますよ。
親って因果だなぁ…。




ちなみにお勉強の方はこれまた目も当てられないというか。
6+4ができてなんで4+6ができないのか!とかそんなレベルでホント頭痛いです。
分数ができないとか少数が…とか時計が…とかならまだわかる。
私もダメだったから。

でも1桁の、しかもくりあがりの無い答えがでる足し算引き算で、
「えーっと、うーんっと」なんてやられちゃうと、
自分の時もこんなだったっけ………と眉間にシワがよりそうになります。
いろいろ工夫して、わからないところを教えたりしてるんですが、
本人がその気がないから、全く頭に入ってなくて、全然聞いてないの……まったく涙出ちゃうよ。


小一男子ってこんなんですか?
みなさん。
どーでしょ…。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
息子のことで一喜一憂してますがな(苦笑) まにゃママがつぼやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる